ただの疲れとの違いに注意

相談

普通の慢性疲労と間違われやすい慢性疲労症候群は、どうしても症状が改善されない場合には総合病院などでセカンドオピニオンを求めることも大切です。慢性疲労症候群は1000人に3人という割合で発症し、それほど珍しくはありません。

進行する前に食い止める

病院

腎臓病は進行してしまうと、腎不全といって体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。慢性腎不全になってしまうと回復が見込めないので、発症する前に尿の状態から腎臓病の疑いを予測することが大切です。

本当は怖い無呼吸症候群

女性

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に豪快ないびきや無呼吸などのことをいいます。日中の眠気やだるさ、集中力の低下といった症状以外にも、高血圧や脳血管疾患などを引き起こす危険性もあります。

予防することが大切

看護師

ふくらはぎの血管が浮き出る症状を「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」といいます。下肢静脈瘤は血管の詰まりや、血流が滞ることで発症します。特に40代以降の女性に多く見られます。女性は男性に比べると筋力が弱いため、血管が詰まりやすいのです。また、妊娠時に多く分泌されるホルモンである黄体ホルモンには、血管を柔らかくする作用があります。そのため、出産経験が多いとより発症率が高くなるといわれています。その他にも、下肢静脈瘤は遺伝により発症するケースもあります。親や兄弟が下肢静脈瘤になったことがある場合は、自分もなりやすいといえます。また、美容師や調理師、看護師や教師など立ちっぱなしの仕事をする人も下肢静脈瘤の発症率が高い傾向にあります。

下肢静脈瘤を防ぐには、お風呂あがりにマッサージをすると適切です。下肢静脈瘤はふくらはぎに血液が詰まっていることで発症する症状です。そのため、足首から足の付け根に向かって血流を流すように優しくマッサージを行なうと血管の詰まりを改善できます。血管がすでに浮き出ている際は、浮いている血管に刺激を与えないようにしましょう。また、適度な運動も下肢静脈瘤を予防するのに大切なことです。特に歩く際は、地面を蹴り上げるようにふくらはぎの筋肉を意識しましょう。そうすることで、手軽に下肢静脈瘤を予防することができます。その他にも、座り仕事でも下肢静脈瘤を発症する恐れがあることから、ふくらはぎを伸ばしたり、足首を回したりなどの運動をこまめに行なうことも大切です。

大阪には下肢静脈瘤の治療を行なっているクリニックがあります。そこでは、下肢静脈瘤以外にもさまざまな症状や疾患を改善しています。私たちの日常生活では気付かないうちに、症状や疾患を発症していることがあります。下肢静脈瘤は発症して初めて気付く人が多くいます。また、無自覚のまま症状が進行する症状として睡眠時無呼吸症候群があります。自覚症状が持てないことから気付かないうちに悪化させている人が多くいます。日中のだるさや眠気、集中力の低下などの症状に悩んでいる人は、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。自分に適したクリニックを見つけ、睡眠時無呼吸症候群を改善しましょう。